家族に内緒で借金!悩む借金の告白!打ち明けるべきか!?


借金を内緒にしていた時期について

年齢/性別職業
30代/男性自営業
借入先借金
アコム300万円

 

妻と知り合う前までは貯金はせずに生活費のほとんどをパチンコに費やしていて、消費者金融からお金を借りるようになっていました。

 

 

その当時の借金の総額は、300万円程になります。妻とは共通の友人の飲み会で知り合い、数か月の友人期間を経て付き合うようになりました。

 

 

妻はアウトドア派であり、一緒に旅行をする機会が多くなったので、パチンコ屋に行く機会も徐々に減っていき、交際1年後には全く行かなくなりました。

 

 

そんなとき結婚の話を、逆プロポーズという形で彼女からしてもらいました。妻から借金の有無について質問も無く、借金返済計画もしっかり立てていたので、問題無いと思い、結婚することになりました。

 

 

しかし、借金があるのは、少し後ろめたい気持ちがあったのも事実です。結婚後は、共働きであったということもあり、夫婦別生計の形を取っており、お金の管理は各自で行っていました。

 

 

消費者金融への返済は、毎月しっかりと行っていということもあり、バレずに返済を続けることができました。

 

 

結婚後に借金があることがバレるまでの経緯

 

しかし、妻が妊娠したことで、「産休に入るので、収入額が減ってしまうので、夫婦共同会計にして生活したい」との申し出がありました。

 

 

ここで、夫婦共同会計への変更を拒むと今後の夫婦生活に支障が出ると思ったので、承諾することにしました。その際に失敗したのが、私の通帳を共同生活費の支払いに選択したことです。

 

 

給料が振り込まれる通帳を、生活費の引き落としの通帳に利用した方が管理面において楽になるということで選択しましたが、その通帳からは消費者金融の引き落とし履歴も記載されていたのです。

 

 

妻は、この引き落としを見て、私の消費者金融からの借金に気づいたのでした。

 

 

借金がバレた後の生活について

 

妻が借金に気づいて、すぐに私に借金の詳細を説明するように求めてきました。

 

 

借金については、「借金ができた経緯」「返済計画をしっかり立てて返済してきたこと」「借金があることがバレた当時の残額が30万円程であること」を説明しました。

 

 

借金があることを隠していたことについては非常に怒っていましたが、数年に渡り月々5万円ずつの返済をしてきた履歴と全額返済できる目処が経っていることを分かってくれたので、納得してくれました。

 

 

しかし、今後は消費者金融から借金は絶対にしないように厳しく注意されました。借入金額300万円に対して、返済総額は、330万円程になっているかと思いますので、消費者金融の金利の高さにはとても驚かされました。

 

 

現在の借金の有無について

 

現在は全額返済できたので、借金は残っておりません。300万円程を借り上けし、金利4.7%の状態で、5年間返済のプランを選んだことで、毎月56000円の返済をしてきました。

 

 

この返済方法で、返済総額が330万円になるので、30万円は利息で損失して言うことになります。

 

 

借金完済という目標ができたことで生活費の支出入を見直すことが、無駄を省くようになりました。

 

 

その効果もあり、当たり前のことではありますが、借金を一度も滞納することなく返済することができました。

 

 

現在の状況について

 

借金完済後も、借金返済時と同じ支出額で生活することにしております。毎月の返済額であった56000円を貯蓄に回すことができ、住宅購入資金を貯めております。

 

 

しかし、消費者金融の利用者は、住宅ローン購入の際の審査を通らないことがあるとのことなので、可能な限り住宅購入資金を貯めたいと考えています。

借金返済のコツ

妻が妊娠したことで300万円の借金に気づかれた話
妻が妊娠したことで300万円の借金に気づかれた話
妻が妊娠したことで300万円の借金に気づかれた話



妻が妊娠したことで300万円の借金に気づかれた話
妻が妊娠したことで300万円の借金に気づかれた話


とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。