妻にバレる前に少しでも早く完済したい夫の奮闘記


あっと言う間に借金は100万

年齢/性別職業
30代/男性会社員
借入先借金
レイク120万円

20代前半で4年間交際していた彼女と結婚しましたが、当時は若さ故か遊びたい盛りに加え仕事上の飲み会も積極的に参加しており、飲み代だけで月々の小遣いは底を尽きていました。

 

 

当然飲み代以外でも服や靴、時計やカバンなど服飾費にもためらい無くお金をつぎ込んでいたため、さすがに妻から厳重注意を受け、小遣いの前借は禁止、クレジットカードの持ち歩きも禁止となりました。そこで手を出したのが消費者金融です。

 

 

飲み会はお付き合いのためであり、服飾費も仕事上必要だからと自分に言い聞かせて利用を始めました。借金前から変わらない消費ペースで、あっと言う間に借金は100万を超えました。

 

 

妻にバレないよう日々奮闘

 

いくらなんでもこれはまずい、と思いましたが、妻に打ち明ける勇気も無く月々の小遣いから返済金額を捻出し、返済時に発行される明細書は即座にシュレッダーにかけ、絶対に証拠を残さないように努めていました。

 

 

少しでも返済が遅れると会社や自宅に連絡が来て借金がバレてしまうのでは、と気が気じゃなく、給料日後には脇目もふらずに返済に向かう生活。交際費が不足した月は同僚や先輩から借金しては翌月に返済。少しずつ信頼を失っていき、幸か不幸か交際費は徐々に減少していきました。

 

 

しかし返済は待ってはくれません。月々3万5千円が返済額でしたが、とにかく妻にバレる前に少しでも早く完済したいと思い、小遣いの増額を考えました。しかし妻は元々しっかり家計を管理しており、小遣いを増額してほしいと頼めば怪しまれるような気がして切り出すこともできず、ただただ小遣いの大半を返済に回していました。

 

 

返済のためにアルバイトを始めた

現在の返済額では3年近くこの生活が続くため耐え切れる自信が無く、仕方なく休日に登録制引越作業のアルバイトを始めました。妻には休日出勤と嘘をついて数か月働きましたが、さすがに毎週全て休日出勤という言い訳に無理があったのか、本当に仕事なのかと問い詰められます。

 

 

数か月休み無く働いて心身ともに限界だった私ですが、ここで借金を告白しては今までの苦労が水の泡だ、と何とかその場をごまかします。その時の言い訳はあまり覚えていませんが、友人の事業を手伝っている、とか非常に無理のある話だったように思います。

 

 

ついに妻に借金がバレた!どうなる?

それからさらに2か月程が経ち、返済は数か月分は前倒しできていました。どうしても断れない仕事上の付き合いでの出費に備えてへそくりも蓄えられるようになり、あと半年も我慢すれば少し余裕ができるはずだ、と気が緩んでいました。

 

 

ある日気心の知れた同僚と飲みに行き、浴びる程飲んだ翌日の事でした。二日酔いで起きた私に、妻が真剣な顔をして借金の事を問い詰めてきました。なぜバレたのか?と思いましたが、どうやら前後不覚になるほど飲んだ私はその勢いで妻に借金の事を打ち明けていたそうです。

 

 

全く記憶にありませんが、もうこれ以上はごまかせないと覚悟を決めて借金の事を全て告白しました。妻は怒りよりもショックで泣き出し、私はただひたすら謝るのみです。何とか自分の小遣いとアルバイトの給料で返済していくから、お互いの両親や周囲の人には内緒にしてほしいと懇願しますが、妻は聞き入れません。

 

 

借金がある事自体が恥ずかしいから、親に立て替えてもらってでも返すと言って聞かない妻を止める事ができず、結局お互いの両親の知るところとなりました。私の両親が一括で返済してくれたため利息の支払いこそ無くなりましたが、これ以上無い程に情けない思いでした。

 

 

現在でも妻と両親の信頼は回復できず、厳重な小遣い管理と行動管理に縛られています。軽い気持ちで借金してしまった事はきっと一生後悔すると思いますし、返済が終わったとしても妻の記憶には残ります。自業自得ですが、借金で悪化した夫婦関係を辛抱強く修復していきたいです。

借金返済のコツ

妻にバレる前に少しでも早く完済したい夫の奮闘記
妻にバレる前に少しでも早く完済したい夫の奮闘記
妻にバレる前に少しでも早く完済したい夫の奮闘記



妻にバレる前に少しでも早く完済したい夫の奮闘記
妻にバレる前に少しでも早く完済したい夫の奮闘記


とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。