不妊治療の費用が足らずに借金80万円が旦那にバレた体験談

不妊治療の費用が足らずに借金

年齢/性別職業
30代/女性主婦
借入先借金
レイク80万円

 

結婚して1年くらい経った頃に、子供ができないので妊活を始めました。不妊治療は想像以上にお金がかかるもので、毎月5〜10万円程度の費用が必要だったのです。それも初期だけで中期になるともっとかかり、1回の治療で数十万円もの費用がかかりました。

 

 

夫はそれほど子供が欲しいタイプではなく、私だけが頑張って通院している状態だったのでストレスが溜まりました。それに貯金がなくなって治療費も払えなくなりそうだったし、生活費をギリギリまで節約していたことも精神的に辛かったのです。

 

 

半年間ほど妊活を続けても子供ができず、友人からもっと有名な病院を教えてもらって通うようになりました。そちらの病院はさらに治療費が高く、到底続けられないと感じたのですが、ここまで費用をかけて頑張ったのだからと意地になりました。

 

 

治療費のためレイクから借り入れ

 

ついに治療費を払うためにレイクから借り入れをして、私の借金生活が始まりました。レイクに電話連絡を入れて無人ATMから5万円だけ借りたのですが、すぐに治療費や交通費で消えてしまいました。

 

 

翌月は10万円を借り、その翌月にはさらに10万円とどんどん借り入れ金額が増えて、気がついた時には60万円くらいになっていました。でも、60万円くらいなら主人のボーナスで支払えるかなと思って油断し、その次からは1ヶ月5万円に抑えたのです。

 

 

でも油断していたら利息で膨れ上がった金額が80万円以上になっていました。毎年ボーナスは貯蓄にあてていたのですが、旦那は家計にノータッチなので全部借金に充てても分からないだろうと考えていました。

 

 

だけど80万円以上になるともう手がつけられなくなって、毎月2万円の返済では追いつかなくなりました。3ヶ月に1回くらいのペースでしか返済できず、密かにボーナスを充てても残額は20万円くらいでした。

 

 

もうダメ。。家計は火の車!旦那にもバレた!

 

その時すでに家計は火の車で、月10万円くらいの住宅ローンが支払えなくなって、銀行から催促の連絡がきてしまいました。それだけでなく、レイクからも携帯に何度も電話がかかってきて、無視していたら督促状が届き、その時初めて旦那にバレてしまいました。

 

 

妊活費用が足りなくて使っていたと話したのですが、旦那はもともと妊活に興味がなく、まったく理解してもらえませんでした。治療費の明細を見せても信じてもらえなくて、何だか私がブランド品を買いあさったり、遊びに使っていると決めつけてきたのです。

 

 

それに腹が立って家を飛び出し、実家で数ヶ月暮らして別居していました。自宅にはレイクから電話が鳴りっぱなしだし、銀行からも連絡がきて、このままだと自宅を手放さなくてはいけない状況になっていました。

 

 

手元には貯金がわずか10万円程度だったので途方に暮れていたら、仕方なく実家の両親が代わりに支払ってくれました。旦那にも両親にも、ものすごく怒られたのですが、私は遊びのために借金をしたわけではなく、将来を考えて妊活費用に使っていたのです。

 

 

確かに無鉄砲なやり方でしたが、悪いことをしたと思っていないので、みんなから白い目で見られる理由が分かりませんでした。ただ、専業主婦なのに甘い考えで借り入れしたのは、ちょっとまずかったかなと反省しています。

 

 

その後は実家から自宅に戻り、外でパート勤めをして生活費の一部と、両親に借りたお金を返す生活が続きました。半年間ほどで返済できたので良かったですが、もしもあの時、両親が肩代わりしてくれなければ、利息分すら返済できない危機的状況だったと思います。

 

 

結局、あれほど苦労して借金までして続けた妊活も虚しく、子供はできないままで数年が経過し、借金返済に明け暮れる日々で諦めてしまいました。使った費用はかなりの額ですから、正直いって勿体ないと思っているし、良いことをするために借り入れしたのに非難を浴びてムカついてます。

 

 

でも、こんな私の苦い体験談は、妊活中の女性なら分かってくれると思うし、とても陥りやすいものなので気をつけてください。

借金返済のコツ

不妊治療の費用が足らずに借金80万円が旦那にバレた体験談
不妊治療の費用が足らずに借金80万円が旦那にバレた体験談
不妊治療の費用が足らずに借金80万円が旦那にバレた体験談



不妊治療の費用が足らずに借金80万円が旦那にバレた体験談
不妊治療の費用が足らずに借金80万円が旦那にバレた体験談


とりあえず、街角法律相談所がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。