270万円の借金を妻にバレずに返済し続けている40代男性の体験談

仕事上での付き合いで飲食代がかさんでしまった

名前年齢性別
T.T40代男性
職業借入先借金
会社員三井住友銀行270万円

 

カードローンでお金を借りた額が200万円を超えてからは、とても苦しくなっています。借りた理由は、仕事上での付き合いで飲食代がかさんでしまったことが原因です。

 

 

返金については、とても苦しい状態で今でも返済が続いていますが、妻に知られないように返済し続けています。借りたのは、銀行系のカードローンです。したがって、返済は口座引き落としとなっています。

 

 

そのようなことから、本来であれば給与振込用の口座からの引き落としとなるはずでしたが、カードローンを使えるようにした時に給与専用口座と自分の専用口座と2つに分けたのです。

 

 

そして、自分専用口座でカードローンを使えるようにしたのです。給与については、ちょうど会社の制度で2つの口座に分割して振り込むことができるようになっていることも、このカードローンには便利だったのです。

 

 

しかし、使えるが故に、段々と飲食費が膨らんでしまい、こんな額になってしまいました。基本的には、返済口座が別々なので、知られてしまうことはないのですが、むしろ、他の要因で知られることがないかなと焦ることがあります。

 

 

まずは、ボーナス時期です。ボーナスも給与と同じように2つの口座に分けて振り込んでもらうことができます。自分の欲しい額だけ金額を自分口座に入れて、後は全て妻に渡している給与口座へと振り込まれます。

 

 

しかし、私が余りにも多く自分の口座に振り込まれることが分かると、怪しむのです。「今年の夏のボーナスであなたが自分の所に振り込ませた額が多いんじゃない?」そんなことを聞かれると、返事に窮します。何とかごまかすこともあるのですが、理由は色々と付けてです。

 

 

次に心配しているのは、銀行から自宅に何か郵送物がな届く時です。昔はあまりなかったのですが、最近は、私の郵送物をも平気で開く始末。そんなことから、銀行からの返済についても、とても苦し状態が続いていることから、そのこと関する情報の郵送物が届かないかと、ハラハラしています。

 

 

よく保険会社や労金関係からも、自分の貯蓄している状況の通知が郵送されてくるために、銀行から似たような情報が送られて来ないかと心配になるのです。最近は、インターネットバンクにしているので心配は無くなったのですが、時折、そんな心配がよぎることがあるのです。

 

 

次は、他の融資を受ける時です。数年前に車を買い換えました。その時に、借金があると新たな融資が受けられないということやローン契約で購入することができないケースもあるかと思ったのです。

 

 

車の購入は決まったものの、いざローンが組めませんとなったなら、知られたなくない情報がバレていまいます。これもハラハラとしながら、焦ってしまいました。それでも無事にローンが組めましたので、ホッとしています。

 

 

そして、最後にハラハラの要因は、テレビやラジオでカードローンのコマーシャルが出る時です。でかい音量で「ご利用は計画的に。」と言うフレーズが流れてくると、思わず耳を傾ける妻。「あなたは大丈夫だよね?」と聞かれて、「何のこと?」とトボけるしかありせん。

 

 

しかも、ドキドキしている状態なので、できるだけ心を冷静に鎮めて対応できるようにしています。特に車の中でテレビやラジオで流れた時は、家でテレビを見ているより、コマーシャルが車内で響き渡りますから、面倒なのです。

 

 

ここで、慌てて話題を変えようとすると、余計に疑われますので、平静を保っています。そうでもしないと、何時バレてしまうか心臓によくありません。しかし、インターネットで返済額や借金状況が分かるので、とても助かっていることも事実です。これがもし、郵送物が自分の知らない間に送られて来ているかもしれないと思うだけで面倒なことになります。

借金返済のコツ

270万円の借金を妻にバレずに返済し続けている40代男性の体験談
270万円の借金を妻にバレずに返済し続けている40代男性の体験談
270万円の借金を妻にバレずに返済し続けている40代男性の体験談



270万円の借金を妻にバレずに返済し続けている40代男性の体験談
270万円の借金を妻にバレずに返済し続けている40代男性の体験談


とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。